タンポンで処女膜は破れません【子育てと仕事】

Pocket

まいどです!
仕事も子育ても楽しみたい個人事業主の販促サポートをする
神戸の販促企画事務所ブランシュの則枝美香です。

初めましての方、販促企画事務所ブランシュってこんなとこです。

悲報
Bud1_KMCAAAPw3I
朝起きてパソコンたちあげてびっくり。愛しのMacBook Airが息子に踏まれて液晶が壊れた模様。
愛しいなら踏む様な場所に置くなって話ですが。
ググってみると正規で修理すると液晶交換5〜6万円で2週間くらい。今ノートって10万で買えるよね。
でも新しいの買うと中のソフトも新しいのにしなきゃなとか悶々としております。
しばらく我慢して使うか。しかし1本亀裂が走るだけで画面って見にくいものだよね。

さて、今日のお題

日本女性の3割しか使わないもの

「タンポンで処女膜は破れません」
アメブロ時代にこんなタイトルつけたら記事が表示してもらえないか、速攻アカウント削除だね。
しかし、けして下ネタを今日は書きたいわけではありません。

話の元ネタは高校2年の長男がグループデートでプールに行く予定だったのだが、参加者のうちの1人の女の子が生理になり、自分だけいけないのはイヤだ中止にしてといったのが始まり。
数少ない高校生男子の知識で「タンポンして泳げばいいじゃん」と伝えたところ

ここからが問題です。

その女の子の回答がこちら。
(1)生理が重いからあまり激しい運動はしたくない
(2)タンポンは怖い
(3)タンポンは危険(処女膜が破れる)だから母から禁止されてる。買ってもらえない。

(1)は分かる。
女性同士でも生理の重さに差はあるが、動くのが辛い子も多い。

(2)に関しては、慣れの問題。
男性陣は知らない話かもしれませんがタンポンには2種類あるのです。
アプリケーターつきのものと、そうでないもの。

スクリーンショット 2014-08-08 7.09.09
ユニチャームより画像拝借

指だけで吸収体で入れるのはむずかしいけど、アプリケーターというプラスティックのピストン状の容器に入ったものを使えば正しい位置への導入は簡単。
タンポンは痛いと思われがちだけども膣の中には無痛感覚ゾーンがあって、そこにさえあれば動いても痛みはありません。
慣れるまでは経血の量が多くすべりが良いときのが使いやすいかな。

「男性陣は知らないかも」・・・と書いたが実はタンポンについては知らない女性も多かったりする。
なぜなら日本人女性の3割しかタンポンを使用してないから!!

030205_05ダイエットナビより画像拝借

私はこの事実を消費材ベンダーで勤務してるころ知って驚いたのだけど
日本で主にタンポンを使用している人は主に経産婦や既婚者で、仕事がらトイレにまめにいけない人や、スポーツをしてる人くらい。

そして使用しない理由は
「家にないから(母親や家族が使っていないから)」
体内に入れる事に心理的抵抗があるかららしい。

それこそ(3)じゃないけど、いい大人でも「タンポンで処女膜が破れる」なんて都市伝説がまかりとおってたり
(処女膜ってヒダ状のもので膣を完全にふさいでいるわけではないので、「破れる」ことはありません。)

「タンポンが子宮にはいったらどうするの」
「紐がきれたら大変じゃない」

ほんと無知すぎるだろうと頭がいたくなる話をする女性も多い。

別にタンポンを「使わねばならぬ」ではないよ。
でも生理用品の知識すらないってことは
女性としての性の仕組みを自分自身が知らないことに繋がってそれはかえって危険なことだと思うのです。
もちろん、男の子も自分には関係ないと無関心ではダメ。

お互いの性を知るのは思いやり

生理に限らず性の話は親子でしないといけないものだけど、やはり気恥ずかしいものだったりする。学校に一任したい部分もあるかもしれない。

女の子は初潮がきた時、聞く機会もあるのだけど
そこでも未だ生理が隠語(女の子の日、アンネ)で語られてしまうように隠すもの、汚いものだと受け取るような教え方には疑問を私は感じます。

男の子の場合もアダルトサイトなどで偏った知識だけを身につけるだけではどうなのかと思う。

セックスはしちゃいけない!と教えて「させない」のにも限界はある。

何をどうしたら危険なのか、自分の体を守るうえで、相手の体を思いやったうえで行うべき最低限の行為とはなんのなか、ぜひ夏休みという長い休みの間に親子で話してほしいなと思う。

いうまでもなく、そのためには私達大人がまずは正しい知識をみにつけるべきなのだ。

<追記>
プランナーの視点としてはユーザーの少なさもありタンポンは事実上1社独占販売なので、もっと選ぶ楽しみが欲しいところです。

<参考サイト>
すべての女性に安心をラルーン
ユニチャーム「みんなの疑問」
クラブ パナソニック

仕事も子育ても楽しみたい個人事業主の販促サポートをする
神戸の販促企画事務所ブランシュの則枝美香でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

販促企画事務所ブランシュ

□お問い合わせはこちらから
□イベントのご案内
□プランニング料金・事例
□制作事例・料金

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。
則枝 美香

最新記事 by 則枝 美香 (全て見る)

投稿者: 則枝 美香

則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。