アイディアのタネを蓄積する:2015年はypad5とほぼ日手帳で仕事を加速させる【実践篇】

Pocket

まいどです!
ブランディング視点であなたの仕事に『違い』を作り、『魅力』を生みだす
神戸の販促プランナーの則枝美香(@info_branche)です。

心理学では
意識していることほど関係する情報が
自分のところに舞い込んでくるようになることを
カラーバス効果というそうですが

今年のテーマを「楽しい!を徹底的に」にしてから
目に入ってくる情報が変わってきました。

たとえばこの本

帯に書かれていた
『つまらない日常を特別な記念日に変える発想法』
『人を喜ばせる心が強い企画を生む』なんて言葉は
発売されたころピンとこなかったのですが

久しぶりに読んでみるとこんなに付箋を貼ってしまっていました。
10408848_768305339917145_7963293336826557191_n
何を引き寄せるようになるか不思議なものですね。

私は『メモ魔』なので
このように読んで気になった箇所には付箋を貼り
ノートに転記するようにしていましたが
「読書ノート」「アイディアメモ」「スクラップ」など
バラバラのノートにおさめていると
移動の時間などに見られないことが気になっていました。

そこで「ほぼ日手帳」です。

今年は「読書ノート」「アイディアメモ」「スクラップ」の3つの情報を
ほぼ日に記載することにしました。

記載するのは「デイリー」のページです。

ほぼ日手帳は1日1P、
見開きで2日間の予定が書き込めるようになっています。

私はタイムスケジュールはypad5で2週間管理していますので
522050_723925284355151_2629092620533381122_n
ほぼ日手帳のデイリーページのタイムスケジュール欄は無視し
左4分の1に2日分のタスクをかき
残りの4分の3は気になった事柄をメモすることにしました。
16813_768305319917147_8711457476536401888_n

2日間でタスクを管理する効用

1日、1日タスクを作っていたころは
私は自分の実力を過剰に評価しているのか
1日では消化できない量のタスクを自分にかして息も絶え絶えな日もあったのですが
2日間にすることで詰め過ぎを防げているように感じます。

あくまで2日分のタスクを考えるのではなく
1日のタスクを書き出し
翌日そのレビューをし残り1日は未消化のものを消化する日にあて
抜け漏れがないかチェックしたり
明日の準備にあてるのがポイントです。

アイディアのタネは分類しない

そして気になった事柄=アイディアのタネをメモする時はあえて分類しません。
なんのページに何が書いてるかというインデックスもつくりません。
メモを書く日付にもこだわりません
書く日は何ページにもわたりますし、書かない日は空白のこともある
それこそ「美味しい煮豚の作り方」だとかプライベートも混ぜこぜです。
(煮豚はまだ作ってませんが・・・)

現在抱えているプロジェクトで『これに使えるかも』と思ったときのみ
ほぼ日手帳ではなく、プロジェクトの議事録などに直接メモしますが
それ以外は分類せず、ひとまず「ほぼ日手帳」へ。

「このために置いておこう」
はじめからそんな視点で物事を見ていたり、整理してしまうと
アイディアが小さくまとまってしまうんです。

いろんなアイディアのタネを一カ所にほりこみ
それらが結びつく化学反応が企画にしろ制作にしろ面白さに繋がる気がします。

それに書いた時点である程度、記憶されますし
記憶から消えてしまう情報だったら、それだけのものなのかもしれません。

企画とは目標を達成する工夫

需要なのは企画とは突飛な思いつきや天才によるひらめきなどではなく
日常から発想し、日々目にするものや接する事象を
視点しだいで、おもしろくしたり特別なものにしてあげるという点です

企画とは「サービス」だと思うんです。
どれだけ人を楽しませてあげるか、幸せにしてあげるか。
ーーーー
それで僕はいつも
「企画とはサービスである。サービスとは思いやりである」と言っているのです

この手帳から、誰かを幸せにする企画がまた生まれますように。

ブランディング視点であなたの仕事に『違い』を作り、『魅力』を生みだす
神戸の販促プランナーの則枝美香でした。

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。
則枝 美香

最新記事 by 則枝 美香 (全て見る)

投稿者: 則枝 美香

則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。