【販促】声だしの際に忘れずにしたいこと

Pocket

ブランディング視点であなたの仕事に『違い』を作り、『魅力』を生みだす
神戸の販促プランナーの則枝美香(@info_branche)です。

高校生のアルバイトの子でも
勤務初日から出来るのが
「声だし」です。
13043257_1024486647626388_79262460001959932_n
初めは売場で通る声は、
こんなに大きくないといけないのかと感じるかもしれませんし
商品知識のないうちは
何を言っていいのか分からずに
口ごもることもあるかもしれません。

正しい日本語での
接客話法も大切ですが
まずは元気に

「いらっしゃいませ、おはようございます」だけでよいように思います。

ただ一方通行にならぬように
笑顔で3秒程度の
アイコンタクトを忘れぬこと。

○ルーティンではなく、あなたに言ってますよと伝わるように
○どんなお客様か、
何を求めてるかヒントをみつけるように

フェイストゥフェイスである
店頭の一番の強みを
活かしていきたいものです。

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。
則枝 美香

最新記事 by 則枝 美香 (全て見る)