Pocket

この記事の所要時間: 044

ブランディング視点であなたの仕事に『違い』を作り、『魅力』を生みだす
神戸の販促プランナーの則枝美香(@info_branche)です。

現金差異が多い店舗に入らせてもらうと
個人の判断で各スタッフが様々な作業を
簡略されていることに気がつきます。

13221512_1038707816204271_8899464391857776355_n

例えば画像のように
自動で釣札や釣銭が出るレジの場合は違いますが

釣札を渡す際は

取るときに1回
自分の手元で1回
お客様の前で声にだして1回数えます。

まぁ、3回数えなくとも
合っていればよいのですが

悪い意味で自分流を通していると
ミスしやすかったり
まわりがミスを
気付きにくい状態になります。

不馴れな時より慣れてきた時ほど
ミスやトラブルを招きやすい。

私も気をつけていきたいことです。

 

神戸の販促プランナーの則枝美香でした。
【follow me!】

事務所のFBページです↓
fb
インスタグラム↓
instagram
2016年の目標は70km完走すること!
jognote

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年「ブランディング」を行うことで、「その商材がもつ良さを正しく伝え」多くの人に手に取ってもらえる状況を作り出すことに特化した販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 2016年パーソナルトレーナーである夫と結婚。 趣味はマラソン。2017年武庫川ユリカモメウルトラマラソン70キロ、村岡ダブルフルウルトラランニング80キロ、40才で100キロ、50才で「かみ」ランナーになることが目標。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。