心の持ち方

【雑感】感じきることの大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

この記事の所要時間: 143

ブランディング視点であなたの仕事に『違い』を作り、『魅力』を生みだす
神戸の販促プランナーの則枝美香(@info_branche)です。

「毎日を平穏にコツコツと積み重ねる。」
それが一度メンタルを大きく壊した私の理想です。

でも毎日の出来事のなかで
いろいろな感情を感じずには
いられない生き物なんだなとも思います。

そして、それこそが生きているってことなのかなと。

喜怒哀楽の起伏が激しい私は、
どうにかそれをコントロールしようとした時もあったけど

自分の感情の根っこを感じきることは大切だなと最近思います。

例えば『怒る』ということ。

外から見たら、ただ「怒っている」ですが

本人からすると一次感情は
悲しみからの怒りだったり
嫉妬からの怒りだったり
様々ですよね。

苦しい気持ちは決して味わいたくないけども
自分の今抱いている感情の根っこを知る事は
とても大切だと思うのです。

私はこういう理由で今不機嫌なんですを言語化せずに
ただ怒りを持て余したり
理由を察してくれは幼稚ですけどね

何かを選ぶ時、
自分の気持ちに正直になれない時、

表の感情の振り回されそうになったら
私は自分の感情の根っこに問いかけます。

自分でいられることってなんだろう?

明日が最後の1日だとしたら
それは本当にしたいこと?

正解も間違いもなく
誰かのジャッジも必要なく
自分の幸せは自分の感情の根っこが知っている気がします。

神戸の販促プランナーの則枝美香でした。
【follow me!】

事務所のFBページです↓
fb
インスタグラム↓
instagram
目指せ!40歳で100km完走☆
jognote

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年「ブランディング」を行うことで、「その商材がもつ良さを正しく伝え」多くの人に手に取ってもらえる状況を作り出すことに特化した販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 趣味はマラソン。2017年武庫川ユリカモメウルトラマラソン70キロ、村岡ダブルフルウルトラランニング80キロ、40才で100キロ、50才で「かみ」ランナーになることが目標。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。
則枝 美香

最新記事 by 則枝 美香 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加