子育てと仕事

【雑感】贅沢な時間をもらいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

この記事の所要時間: 345

ブランディング視点であなたの仕事に『違い』を作り、『魅力』を生みだす
神戸の販促プランナーの則枝美香(@info_branche)です。

フライングお祝いから数日
今日は長男の本当の誕生日、19才になりました。

子育てに必要なもの

周りの方々に
迷惑をかけながら助けていただきながらやってこれました。

『小さく産んで大きく育てる』などといいますが
想定外に大きく育ったものです。
(出生時2895グラム→現在95キロ)

ここまで育ててみて言い切るのですが
子育てに必要なのは
お金と体力です


こんなん書いたら
母親なのに愛情が欠落してると、お叱りをうけそうですが
お叱りを受けても
「わーほんと最近の母親は嘆かわしいですねー!」と
どっちサイドで物いうとるねんな逃げ方しかできませんが。

長男を妊娠したとき私は高校3年生の3学期でした。
進学先は決まっていましたが
手に職などありません。お金もありません。

当然ながら出産に反対されますよね

『子供は服着て生まれてこんのやで』とか言われても
そんなん当たり前やーんと思ってました。

当たり前をすることがどんなに大変か理解したのは
もっと後の話ですが。

母が早くに子供を産み、一人で育てていたので
自分にも出来ると子育てをナメていたのかもしれません。

いやほんとナメてた。

お金がないと
○身体を休ませることもできません
○子供の選択肢も狭めることもあります
○子供の側にいてやることもできません

体力があったわけではありませんが
若さはあったので
自分の身体の声を聞かず突っ走ることでなんとかしてきました。
(で、倒れたりな)

育てきったというより
大変な時期をやり過ごしたというのが正しく

もう一度1から育てろといわれたら
うわ、かなわんわーです。

あんなに苦しくてしんどくて孤独なことやりたくないです。

だから絶賛子育て中の人にはこんな言葉をかけます。

「子供はひとりで育てんでええんよ」
「周りの力をかりるんよ」
「その子その子にペースがあるから周りの子と成長を比べて一喜一憂せんでええんよ」
「子供は病気して強くなるんだから自分のことを責めたらあかんよ」
「お母さんが笑顔やと子供も笑顔になるんよ。だから頑張らないことを頑張ろうね。自分の時間もとるんよ」

きっとあの日の自分がかけて欲しかった言葉なんだと思います。

今も休んだり自分の時間を取れなかったり
とること自体に罪悪感があるのは
自分の能力以上に早く子供を産んだことで
起こる課題と責任を今も果たしきれなくて必死なのもありますが

前述の自分の母親が休んだり遊んだりなどの
自分の時間をとらず
今も頑張りつづけている人だからかもしれません。

子供の誕生日は私にとって
無事に大きくなってよかったという安堵と
ここまで大きくしたという小さな達成感
そして
自分の母親の偉大さを再認識する日でもあります。

贅沢な時間

主婦なので、いつも朝ごはんやお弁当を作りますが、
私の仕事が早朝からのため

自分の朝ご飯は仕事が一息ついてから
パソコンと向き合いながら
菓子パンとか珈琲だけとかになるんですよね。

でもね今日はお弁当作りもおやすみさせてもらって
早朝の仕事を終えてから
自分のためだけに朝ごはんを用意しました。

14590446_1135936566487352_9156808671206308236_n
なんて贅沢なんだー( ;∀;)♡と感動しておりました。

息子にのぞむこと

息子たちに望むことは

元気な身体を大切にし
自分が決めた事をまっすぐやり遂げてください。
やりたいことがあるなら手を挙げて
積極的に責任と役割を負いなさい、果たしなさい。
幸せは自分の手でつかみにいってください。

それだけかな。

贅沢な時間というならば
成長していく過程をともに過ごせた。
この贅沢に勝る物はなかったのだと思っています。

神戸の販促プランナーの則枝美香でした。
【follow me!】

事務所のFBページです↓
fb
インスタグラム↓
instagram
目指せ!40歳で100km完走☆
jognote

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年「ブランディング」を行うことで、「その商材がもつ良さを正しく伝え」多くの人に手に取ってもらえる状況を作り出すことに特化した販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 趣味はマラソン。2017年武庫川ユリカモメウルトラマラソン70キロ、村岡ダブルフルウルトラランニング80キロ、40才で100キロ、50才で「かみ」ランナーになることが目標。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加