プランナーの本音

【本音】あなたにとって成功とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

この記事の所要時間: 231

あなたにとって成功の姿とは?

先日、相手の思い描く「成功の姿」が
必ずしも「プラス成長」ではない。
そんな話が出ました。

私たちは
『目標は?』『将来は?』と聞かれれば
拡大や前進を最良の答えのように
時にカッコつけて口にしてしまうけど

『現状維持」もひょっとすると成功の姿かもしれないと。

世の中の外的要因がめまぐるしく変化する中で
現状維持はより難しいことかもしれないと。

ちょっと目から鱗だった。

私にとって成功の姿とは

そんな話から「私にとって成功の姿」って
なんなんだろう?って考えました。

『楽しいことがあるから
笑顔になるんじゃなくて笑顔だから
楽しいことがやってくるんだよ』が
座右の銘というか持論なのは、

私が常にポジティブとかではなく
(あらへん、あらへん、そんなん無理ー!)

これまで
悲しい顔してても泣いてても
良いことが何もなかったからなんだよね。

助けてくれるどころか
より悪い物事を引き寄せちゃうだけだった。

頑張れというなら頑張りかたを教えてほしい。
休めというなら休める環境を与えてほしい。

そんなこと私が泣いても嘆いても
仮にネットに書いて発信しても
何も救われなかった。

信用を失うだけ。
(そんな絶不調な人に仕事頼むか?ってなもんですよ)

顔で笑って心で泣いてとまでは言わんけど
SNSだけ見てたら楽しそうに誤解されてもかまわないから、
私は笑顔でいたい。

私にとって『成功の姿』とは『ご機嫌さんであること』。

遊びほうけるとか好き勝手するではなくて

他者評価や他者承認からではなく
自分自身で私はできるんだと自分を肯定し
自分が愛せる自分でいること

過去を嘆くのでもなく
未来を憂うのでもなく
今ココ!をいきること

そして、これからは努力の形を変えていきたい。

『努力する、頑張る、我慢する』っていう
根性論を行うのは、実は楽なんだ。

でも、もっと私はガンバらなければと
「頑張り」のドーピングをして
自分では立ち止まれなくなってしまう。

痛みや苦しみは
押さえ込んでもなくなる訳もないのに。

これまでの方法で
人生が苦しくなったのだから
別の方法を学ばないと同じ苦しみを繰り返すことになる。

本当に大切なのは
『努力する、頑張る、我慢する』を絶ち切る勇気をもつこと。

苦しいこと、難しいことこそ
分担と共有が大事なんだよ。

っていうか
私に頑張ってなんていうやつは
たいがい「お前が頑張れよ、どこに目つけとーねん」だ。

頑張っとる、さんざん頑張っとる。
別の手段も手に入れたい。

仕事したなーって思って1日を終えたい。
手を抜かなかった!って胸をはりたい。

今日も生きたなーって
それが成功の姿かもしれないな。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-21-04-51

神戸の販促プランナーの則枝美香でした。
【follow me!】

事務所のFBページです↓
fb
インスタグラム↓
instagram
目指せ!40歳で100km完走☆
jognote

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年「ブランディング」を行うことで、「その商材がもつ良さを正しく伝え」多くの人に手に取ってもらえる状況を作り出すことに特化した販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 趣味はマラソン。2017年武庫川ユリカモメウルトラマラソン70キロ、村岡ダブルフルウルトラランニング80キロ、40才で100キロ、50才で「かみ」ランナーになることが目標。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。
則枝 美香

最新記事 by 則枝 美香 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加