エッセイのようなもの

成長は螺旋階段のように

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

この記事の所要時間: 125

活きるための土台作りを通し
描く未来を支援する
神戸の販促プランナーの則枝美香です。

週末、東遊園地に行きました。

ちょうどファーマーズマーケットがやってました。

ちょうどファーマーズマーケットがやってました。

神戸の都心に広がる東遊園地を
日頃から楽しく使う社会実験アーバンピクニックで
植えられた芝生は
12月の光の祭典ルミナリエの来場者に
踏まれダメになってしまい

『税金の無駄使い』の声も聞かれたけど

完全にダメになってた訳でなく冬を経て
随分、復活してました。

神戸新聞nextによると調査の結果、
根はグラウンド全体に定着していることが分かり、
市は養生できると判断し
根に空気を送るため小さな穴を等間隔で空け、
冬芝の種をまいた。発芽しやすいようにシートをかぶせ、
立ち入らないよう囲いを設けたのだとか。
生えては踏まれ…神戸・東遊園地の芝、復活なるか

無駄か否かって、
一時では判断できないものだなと感じました。

「それ自体が利益を産む」
「今すぐ利益に繋がる」
それだけでは長期的には先細ってく。

同じことを繰り返しているようで進んでいたり
一足飛びでは進まないように
何かを育むってのは
螺旋階段状に進んでいくことが多い。

人を育てるとかも、そうだな。

成長を「待つ」「見守る」
このフェイズが難しいこと含めて、

ひとつの側面だけを見るのではなく
さまざまな視点を持てたらいいなと思う。

神戸の販促プランナーの則枝美香でした。
【follow me!】

事務所のFBページです↓
fb
インスタグラム↓
instagram
目指せ!40歳で100km完走☆
jognote

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年「ブランディング」を行うことで、「その商材がもつ良さを正しく伝え」多くの人に手に取ってもらえる状況を作り出すことに特化した販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 趣味はマラソン。2017年武庫川ユリカモメウルトラマラソン70キロ、村岡ダブルフルウルトラランニング80キロ、40才で100キロ、50才で「かみ」ランナーになることが目標。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。
則枝 美香

最新記事 by 則枝 美香 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加