エッセイのようなもの

身の丈を知るって大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
出来たことにはご褒美☆
Pocket

この記事の所要時間: 236

『悔しいという気持ちがないと成長しない』
ずっと私はそう思ってきました。

成長しないと
努力しないと
自分には価値がないと思ってたので

昨日の
悔しくなくて
しんどいけど楽しい

って言葉に自分で驚きました。

仕事じゃなく趣味のことだから
素直に感じられたってのも
あるかもしれない。

でも
『この大会にエントリーしました頑張ります!』

結果が出せなかったら
「応援してもらったのに、ごめんなさい」って

過剰に他人の目を気にするのも違う気がするし

「期待に応えたい」
「がっかりさせたくない」
「恥ずかしい思いをしたくない」
この3つって全然別物で
今感じてるのはどれだ?と考えたら

「努力しても思いどうりにならなかった」経験は
これまでもあったのに
走ることだけに残念がるのも違うかなと。

常に上を目指すのも
なんだろな
『何を持って結果を残したとするんだろう?』って
気持ちがある。

努力だけでは無理な壁があって

それはスポーツって、ほんとハッキリしてて

○頑張り方を変えなといけない
○自分を過信してはならない
この繰り返しで

物事が停滞したり、努力しない人も嫌いだけど

目標があるからって
何かになれた気がしてるうちは
何か見たくないモノがあるのかもしれない。

夢を目指すことで
私は周りの人とは違うのよって思うのは
自分の足りてない心の穴ぼこから
目をそらしてるだけかもしれない。

「できないけど、じゃあ、どうする?」
「私はこれをすることで何を得たいの?」
そう問いかける必要性を
走ることは私に与えてくれたのだと最近感じています。

巡り巡って仕事にもね。

努力しないのが良いって言ってるんじゃないよ。
タイムや距離を狙って取り組んでいる人を
バカにしてる訳でもないのよ。

何かを見て、読んで心がザワザワしたのなら
それは、あなたの課題。私は私。

さぁ、自分の身の丈を知りに
自分の出来てなさを感じに
今日も店に立ちますか。

出来たことにはご褒美☆

出来たことにはご褒美☆

 

イチローと乾杯☆

イチローと乾杯☆

「できないけど、じゃあ、どうする?」
「私はこれをすることで何を得たいの?」

神戸の販促プランナーの則枝美香でした。
【follow me!】

事務所のFBページです↓
fb
インスタグラム↓
instagram
目指せ!40歳で100km完走☆
jognote

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年「ブランディング」を行うことで、「その商材がもつ良さを正しく伝え」多くの人に手に取ってもらえる状況を作り出すことに特化した販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 趣味はマラソン。2017年武庫川ユリカモメウルトラマラソン70キロ、村岡ダブルフルウルトラランニング80キロ、40才で100キロ、50才で「かみ」ランナーになることが目標。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加