エッセイのようなもの

ドラゴンクエストが教えてくれたこと

スライムがあらわれた!
Pocket

この記事の所要時間: 133

子供の頃、ドラゴンクエストという
ロールプレイングゲームが好きでした。

スライムがあらわれた!

スライムがあらわれた!

(今年は30周年で色々なコラボ商品が出てて
欲しいのにスライム目薬がまだ手に入らず(泣))

ドラゴンクエストは
初代ドラゴンクエスト

伝説の勇者「ロト」の血を引く勇者として、敵を倒し
さらわれた姫を救い出し、そして竜王を倒すゲーム。

目的を達成するためにモンスターを倒して
経験値とゴールド(お金)を稼ぎ、
ゴールド
レベルを上げ強い武器・防具を購入し
探索範囲を徐々に広げていき、
町の人などから情報を得て、
それをヒントに重要アイテムを
手に入れて謎を解く必要があります。

やる人の性格が出るなと思うのが
レベルアップの方法。
作戦
身近で弱いモンスターを沢山を倒して
じっくりレベルアップしてから
遠くに行く人。
(リスク小、手に入る経験値や通貨小)

レベルが低く命からがらで戦いながらも
機転を効かせ早くから遠くに引く人。
(リスク大、手に入る経験値や通貨大)

私は後者のタイプでしたが

どちらにも共通するのが
どんな戦いをするにしても
体力と魔法力を回復するために
「休む」必要があること。

闘ったあとは
町に帰り宿で休む。

経験値をあげる=積み上げる、階段を上がるイメージだけど
外と中を行ったり来たりすることでレベルを上げていく。

人生もこんな感じかな??

行ったり来たりしているようで
実はレベルアップしている。
レベルアップのためには休みも必要。

そんなことを眠気をこらえながら
考えています。

神戸の販促プランナーの則枝美香でした。
【follow me!】

事務所のFBページです↓
fb
インスタグラム↓
instagram
目指せ!40歳で100km完走☆
jognote

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年「ブランディング」を行うことで、「その商材がもつ良さを正しく伝え」多くの人に手に取ってもらえる状況を作り出すことに特化した販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 趣味はマラソン。2017年武庫川ユリカモメウルトラマラソン70キロ、村岡ダブルフルウルトラランニング80キロ、40才で100キロ、50才で「かみ」ランナーになることが目標。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。
則枝 美香

最新記事 by 則枝 美香 (全て見る)