エッセイのようなもの

気がついたのは いかに無責任な自分であったか

朝焼け
Pocket

この記事の所要時間: 134

役職につくのや
役割を持つのを
極度に嫌がったりする人みるのが
昔から不思議でなりませんでした。

責任を取らされるから?

大体のことは命まで取られませんし
小さな役職での責任などしれているのに
まるで私は無責任でいたいと
主張しているようで嫌悪感すらありました。

昨年、今年と幾つかの役割を得て
責任を負う身になりました。

そして気がついたのは
いかに無責任な自分であったかということです。

『だって○○さんが言ったから』も
『それは○○さんがしたことで私には関係ありません』も
言えないんですよね。

口にしそうになる度
『いかんぞ、いかんぞ』
『それは違うぞ、違うぞ』と
言い聞かせています(苦笑)

でも、それは役割を負う前からも
同じだったのです。

朝焼け

自分の人生という中での
自分という大きな役割、
自分の人生の責任を負えるのは
自分だけなんです。

見ないようにしてるだけでね。

昔こうだったから
親にしてもらえなかったから
誰かに、こうされたから
だから私はこうなんです。

かわいそうに、辛かったね。苦しかったね。

でも、それを変えるのは
親にしてもらうでもなく
誰かに、されるでもなくなく
自分しか、いません。

どんな状況でも
自分で考えて、選び行動するだけ。

他者と一緒に取り組み協力して
解決策を見つけるという方法もありでね。
(そっちのが難しいかも・・)

何が正しいかは分からないけど
決断をして絶対に答えに結びつけるという
意志が必要になるのかなと。

今日も
『いかんぞ、いかんぞ』
『それは違うぞ、違うぞ』と
言い聞かせながらね
そんなことを思っています。

 

 

神戸の販促プランナーの則枝美香でした。
【follow me!】

事務所のFBページです↓
fb
インスタグラム↓
instagram
目指せ!40歳で100km完走☆
jognote

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年「ブランディング」を行うことで、「その商材がもつ良さを正しく伝え」多くの人に手に取ってもらえる状況を作り出すことに特化した販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 趣味はマラソン。2017年武庫川ユリカモメウルトラマラソン70キロ、村岡ダブルフルウルトラランニング80キロ、40才で100キロ、50才で「かみ」ランナーになることが目標。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。