接客が嫌いでも

Pocket

販売職というと
人と接する事が好きな人が多そうですが

これまでの職場でも、そんなことはなく
(みなさん採用面接の際は接客が天職です!!
くらいにいわれるんですけどね、
なんで、売場に立つとあからさまに不機嫌な顔をお客様にしたり、
舌打ちしたりする人が多いのやら(^_^;))

今の店も皆レジ業務が好きではないようです。

スーパーは部門ごとの縦割りのため、
レジはレジのことしかしないのですが

うちは商品補充業務とレジが兼任です。

シフトに入っている子同士で
どちらがレジを担当するかで
嫌がる嫌がる(^_^;)

商品補充は重いダンボールや
バッカンを扱うため男の子が行うことが多いのですが

レジ担当になりがちな女の子は
『同じ事ばかりいうの、しんどい』と不満をよく漏らします。

レジのマニュアルトークといえば


いらっしゃいませ
ポイントカードはお持ちですか?
いつもありがとうございます。
2点で216円でございます。
1016円ちょうだいします。
お先に商品をお渡しします。
800円のお釣りです。
ありがとうございます。
またお越しくださいませ。

確かに、こればかりの繰り返しです。

最近は、この不満に対し
男の子たちは
力仕事系を終えたらレジを交代し
軽作業を女の子たちがするようになってきました。

『繰り返し』のことこそ
販売員の力量が問われるなんて
昔、先輩に言われたことがありますが

嫌な業務は嫌な業務として
上達を目指すのではなくて
短く時間を区切ってメリハリをつける

このやり方は、これでいいのかも。

自分たちで決めたやり方を応援したいです。


最近はレジ業務を嫌がる姿は見なくなり
私が間に入って、「この時間は●さんがレジしてね」
なんて言わなくてもよくなりました

決められる、押し付けられるのではなく
『自分たちで決める』
これって大事
だなと思った出来事の一つです。

来夏の新たな挑戦に向けて
毎日メルマガ配信中です。

新規登録、配信解除はお手数ですが、こちらから

http://kobe-branche.com/?page_id=6352

Pocket

The following two tabs change content below.
野見山 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。
野見山 美香

最新記事 by 野見山 美香 (全て見る)

投稿者: 野見山 美香

野見山 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。