店も『愛情を注ぎ続ける』のは難しい

Pocket

私が頑張り方を間違わぬよう
意識している言葉に

『頑張るとは探究心を持って愛情を注ぎ続けること』
があります。

開業して、悪い時も良い時もあったけど
良い時ほど今が見えなくなったり
忙しさで、周りにおろそかになったり


頑張ってない訳ではないけれど
自分の事業に愛情を注げなくなってたなと思うことは
何度かありました。

でも何か物を売ってる訳でなし
実店舗がある訳でなし
常に改善し手を入れ愛情を注ぐなんて難しい。

そう思ってしまったりもしたのだけど

昨春から店長を兼任し
実店舗を持つことは問題を目視しやすいけど


店も『愛情を注ぎ続ける』のは難しいなと思います。

私だけでなく
スタッフみんなに
『愛情を注ぎ続けてもらう』ことは
難しいなと痛感しています。

バイトと社員
雇用される人と雇用する人
頑張りかたも考え方も大きく違います。
考えが大きく違う人たちで店を回さないといけない。

自分のマンパワーで解決しようとして空回りしたり、
スタッフの成長の機会を奪ってしまったり

スタッフの能力(スキルやマインド)を把握しきれず
負荷をかけ過ぎてスタッフも辞めるし

目が行き届かなくて不正や怠慢を増長し
スタッフを辞めさせなければと決断を迫られたり

「人望がないから人がついてこないんだ」
「リーダーに向いてない」
心が折れそうになる言葉をいただくこともあったのだけど

自分も1日の中で売り場に立つ時間が増え
並走して育てることになったことで

どうやって進めると良いと思うか
相談できる子達が増えてきたのが
今とても嬉しいんですよね。
そして数字が伴ってきたことも。

これまでの仕事で身につけてきた
接客・販売、販促物制作、
棚割(商品を陳列棚のどこに、どの位、陳列するかを計画すること)
ディスプレイ、VMDなど

それらは『いつか店を運営するときのため』とは
思ってきたのだけど
実際にやってみると、身につけたこれらが、まだ知識でしかなく
何より私だけが出来ても意味がなく
一人でするものでもないのだと実感しています。

常に「お客様のために」という視点を忘れず
「お客様のために」に忠実な売り場作りを心がけ
店に愛情を注ぐ。
教育や感謝でスタッフに愛情を注ぐ。

どちらも大事で難しいことだけど
少しでも何かに繋がったと思う瞬間の喜びはひとしおです。

私は、やっぱり店をしたい。

ーーー

<基盤強化の2017年>
事業を2本柱にし1店舗運営する。

<積み上げの2018年>
法人にし生産性の改善を行う。
長男成人式。

<前進の2019年>
2店舗を運営する。
次男成人式。
ーーー

この喜びで終える気はないし
ここから目指す先に向けて形を変えていきたい。

探究心を持って愛情を注ぎ続けようと思います。

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。

投稿者: 則枝 美香

則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。