怒っている人は困っている人

Pocket

ツイッターで画像が拡散されていた
奇跡のレッスン〜世界の一流コーチと子どもたち〜の
ハンドボールの会を遅ればせながら観ました。

「奇跡のレッスン」は世界の一流指導者が
子どもたちに1週間のレッスンを行い、
技術だけでなく心の変化まで呼び起こす様子を
毎回違うテーマで特集している番組です。
(民放でも似た番組あり)

拡散されていた方が
デンマークからきたコーチが授業風景などを見て
「この授業を行う意味を子供は分かっていますか?」
「授業がどれも一歩通行に見えました」
「一方的に与えられた情報は
10%しか頭に残らないと言われています」と発言している
番組内の画像とともに

コメントを書いていたのだけど
随所にそうだなと思うシーンがありました。

誰を見ているのか?

練習でパスが上手に出来ても
試合形式では活きない

「目標」「手段」がメインになり
『目的』からズレてしまっている練習や

怒鳴ったり、罵倒したりする練習スタイルなのに
指導者は子供達に
「楽しくプレイして欲しい」
「自分の意見を言えるようになって欲しい」と
思っているズレ。

そんな状況下では、
出来るようにはならないと
素人でも理解出来たのが

試合中の子供たちの様子が
敵でも味方でもなく先生を見て動いている
自分では判断出来ない姿で

子供たちの口からでる
失敗した。怒られた。辞めたくなる。
その発言は甘えでもなく
とても自然なものだなと思えました。

『出来ない子供が頑張って
出来るようになる感動ストーリー』
の裏で
指導者の力不足が子供の可能性を
押さえ込んでいる怖さを感じます。

怒れば変わるのか?

勿論どの先生も生徒想いで
生徒とコミュニケーションをとろうとされているんですよ。

でも、怒る、怒鳴る以外の指導方法を知らないんだと
この奇跡のレッスンでも、民法の類似番組でも
観ると思いますね。

以前、メルマガで
怒ったらできるのか?というテーマで

「怒鳴る」タイプの方が
指導されている店のスタッフは

一見、人当たりもよくキビキビしているけども
全くといっていいほど
この業務がなんのためか知らない。
保身のために嘘の報告をする。
自分の業務を早くこなすために他のスタッフのフォローどころか
お客様の買い物のサポートをしない
イレギュラーに対応できないことに驚いたと書いたときに

「怒っている人は困っている人」という
言葉を教えてもらいました。

困りをぶつけるな

”怒っている人は「困っている人」”で
検索したら面白い記事を見つけました。

精神科医の水島広子博士は、
著書『10代のうちに知っておきたい折れない心の作り方』
で次のように書いています。

怒っている人と言うのは「困っている人」です。
(中略)ものごとが自分にとってスムーズに進んでいれば、
腹を立てたりはしないからです。
何か自分にとって困る状況があるからこそ、
怒るのです。

「うるさくアドバイスする人」も困っている人だそうで
妙に納得してしまいました。

教えられる側に考える能力がないのではなく
教える側が先回りしすぎて
考える機会を奪う。

怒っている指導者は困っている指導者で
困りを解決策が見出せず怒りでぶつけているのだとしたら
それはとても残念なことですよね。

自分自身にも覚えがありすぎて耳が痛いですけども。

そんな「困り」のある人達の役に立てるようになりたい。

番組(前編)の最後でスエーデンから来たコーチは
「1週間の練習の成果を知るにはどんな方法があると思いますか?」と
子供たちに考えさせ
「以前、負けたチームと試合をすること」と
自分たちで1つゴールを設定しました。

目標は目的の達成のためにあり
目的は教える側や引き出す側でなく
教わる側、実際に行動する側が
設定することが大切だと感じました。

Pocket

The following two tabs change content below.
野見山 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。
野見山 美香

最新記事 by 野見山 美香 (全て見る)

投稿者: 野見山 美香

野見山 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。