言葉に重みを、言葉にリアリティを

Pocket

先日、久しぶりに参加させてもらった
VLV-HCS研究会で近況報告。

ほんとにほんとに久しぶりのわりに
報告というまでの進展もないのだけど(汗)

新規事業を立ち上げというと
これまで扱ってなかった商材や
これまで関わっていなかった顧客を
ターゲットにする人が多いそうです。

でもヒアリングしてもらいながら
書かれていくホワイトボードを見ながら

私がこれから目指すことは
真新しいことではなく
起業する時にしたいと思ってトライして
やらなくなったことへの再挑戦なんだなと。

(・・・と同時に
色んなことを考えているようで
考えが回ってないこともわかりました、、泣)

『自分にできること』と
売上を作る要素を考えて

「お客様を増やすか」
「商品単価を上げる」
「購入点数を増加させるか」
「購入回数や頻度を増加させるか」

丸7年、それらに合わせた商品を都度リリースしたり
調整しながら
それでも何かがズレていく感じがしながら

『自分は何の専門家なのか?』
ずっと考えてきました。

自分のできること
どれもかもが中途半端な気がして
なぜ、自分がその分野を語れるのか
言葉に重みが欲しかった。

経験が昔すぎてアップデートされてない状態は怖い、
言葉にリアリティが欲しかった。

アホやから勉強するんやなくて
すぐに現場に飛び込んでしまったのだけど

でも、自分が持っていた技術が
どれもこれもが
店舗ビジネスや販売員を育成することに
使う能力なんだと実感できました。

ぐるっと回ったことで
出来ることが増えていたんだなと。
まだまだ、これからだけども。

ぐるっと回ったことで

『商品により専門性が増しました。』
『商品のバリエーションが増えました。』
、、といっても
これまでのお客様に

購入頻度(利用頻度)や
購入点数が増えるとは考えがたい

似ているけど、これまでのお客様とは
少し違う層で、そこにリーチしていく方法を考えることに
これから時間をとりたいと思う。
(流石に今週のテーマで終わるほどの短期では無理、、)

クライアントの成功のために
私が出来ることとは?
何なんだろか。

感謝

”これまでのお客様とは
少し違う層にリーチしていく方法を考える”

そう書いたけど、この2年
営業らしい営業をせず、店に時間を割いてきたのに

繰り返しご依頼くださる、
これまでのお客様に
救われてきた。

感謝。

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。
則枝 美香

最新記事 by 則枝 美香 (全て見る)

投稿者: 則枝 美香

則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。