自己実現の為に働く、食べる為に働く【私の履歴書3】

Pocket

まいどです!
お子様連れの打ち合せが可能な
神戸の販促企画事務所ブランシュの則枝美香です。

初めましての方、販促企画事務所ブランシュってこんなとこです。

さてさて、自己紹介かねて
キャリアゼロから仕事を掴んで管理職になり
過労から身体と心を壊し起業という選択をした私の経験を綴っております。

◎二人の子持ちが大学生に混じって就活してみた
◎保育所の入所に効果的な3つのものと1つのアクション

カッコ良いものではありませんが
今、子育てと仕事の両立の壁に悩んでいる方の参考に
いやいや、『この人より私まだイケてるわ!!』なんて
自信にしていって頂ければ嬉しいです。

では、サクっといきます。

保育所に預けてから仕事を選べる範囲は増えたような、増えなかったような。
(入所した当初は延長保育の時間があまりなかったので。)

学生時代働いていた量販店に勤務するところから再スタートをきりました。

女の敵は女

子持ちの女性が多い職場でしたので子供の病気で休んでもフォローしてもらえたり
一番働きやすかった職場だったと振り返ると思います。

ただ残業や土日出勤しようとすると
「子持ちのあなたがそういうことをする子育てしながら
働いている私たちも同じことをしなくちゃいけなくなる」
そんな牽制をされることは・・・ありましたね。

働きやすい時期は長く続かず会社の倒産により転職することに。

学生時代から念願だった制作の現場は
女性こそ多いものの子供がいる方はおらず
(これ以降の職場では子持ちの女性と働くことがありませんでした)
残業があたりまえ

定時ジャストで上がって猛ダッシュで保育所にいってもギリギリな私は残業が出来ず
(朝一番に保育所に預けて一番最後に迎えにいく生活)
まだまだ仕事スキルもなくミスも多く
「よーし、やるぞ!!」と気合いをいれても
保育所からお子さん熱だしたから迎えにきてくださいと連絡がくることがしばしば。

「だから子持ちを雇うんじゃなかった」
「子供の体調管理も含めて仕事だ」
「私だって今日遊びに行く予定だから早く帰りたいんですけど」
「え?また病気なの?子育ての仕方が悪いんじゃない」
嫌みを好き勝手言われても言い返せず

たまには主人に代わりに迎えいってと頼んでも
「お前の収入は俺より低い。お前の仕事は仕事じゃない、
家の仕事をこなす約束だから働きに出させてやっている」と取り付く島もありません。
次第に増えていく喧嘩。

熱が高い息子の世話をしながら
『この子がいなければもっと色々できるのに!!』
そんな母親失格なことも思っていました。

上を見て後ろを見ていなかった

悔しい思いも沢山しましたが、それでも「自己実現」のために働くのは楽しくて仕方なかったです。
子育てはなかなか評価されません
仕事は頑張れば給与が増えたり、責任ある仕事を任せられたり結果が伴います。

いつしか私は「自分磨き」だ「自己啓発」だ「学び」だと
上ばかり見て周りで支えてくれた人や
子供達と過ごすかけがえのないハズの時間に目もくれなくなってしまいました。
仕事に恵まれ、忙しさに忙殺され感謝や謙虚な態度を忘れていました。

母子家庭で子供の頃から「女の子も手に職を」と言われて育った私は
この頑張りが報われ「私も仕事をしている」そう主人に認めてもらえる日がくると思っていました。

そんな生活が長く続くまでもなく転機を迎えます。

「離婚」です。

食べるために働く

離婚の原因には、とくにこのブログで触れるつもりはありません。
結婚して間もなく私たち夫婦はいつか別れるだろうとおもう出来事もあり
いつか離婚する日も想定し仕事を頑張ってきたつもりでした。

それでも甘かったですね。

よく「うちの主人は家事も育児も手伝わないいないのと同じだわ」なんて愚痴を私もよくいってましたが
本当にいないのは比になりません。

つぎつぎくる支払いをこなすために働いて働いて
子供達の寝顔しかみない日が続きました。
(皮肉なことに離婚してからのほうがせっぱつまっているので仕事は身に付きましたが)

小さな子供達だけを家に残して働きにでる。
側にいたい、でも働かないと子供達を守れない。
シッターを雇う余裕などない。
がむしゃらに頑張ってきたある深夜玄関に
子供達が頑張ってつくってくれたグチャグチャのおにぎりと1枚の手紙がありました。

次男の手紙

『かあさん おかえり ばんごはんおいしかったよ おやすみ うらをみて』

手紙の裏には乳歯がグラグラしていることが書かれていました。

歯が揺れて不安だったんだよね。いつもほっておいてごめんね。

なんでこんなに頑張って働いてるのに子供達の側にいれないんだろう。
私はただ子供達と一緒にご飯が食べたい。
寝る時間には側にいて「おやすみ」といいたい
なぜ、それだけの事が出来ないの????

心がポキっと折れてしまいました。

病気の二次利得

折れてしまった心はそこから戻らなくなりました。

「自己実現」のために働いていた時と違い「食べるため」に働くようになってから
会社側から無茶な要求も多くなり
最終的には労働基準監督署の助けも仰ぎました。

私の元に残ったのは「鬱」という病気でした。

薬が効き出し身体が動くようになって来た頃から雇用されない働き方
「起業」を模索しました。
その準備中の様子は今もアメブロに残っています。

病気で失ったものは沢山あったけど結果として子供達といる時間を取り戻せました。
あのまま子供達と向き合わず過ごしていたらと思うとゾっとします。

これからの夢

起業して間もなくは男性のお客様が主でしたが昨秋からお子様づれの打ち合せ可にし女性のお客様が随分増えてきました。

「自己実現のため」であれ、「食べるため」であれ
働くことで居場所をなくすことがないようにサポートしたいと思っています。

限られた時間で成果を出す働きかたのサポートをしたいと思っています。

子供が病気になったとき側にいれる働き方のサポートをしたいと思っています。

仕事とはまた別ですが孤立しがちな
シングルマザーやDVなどで居場所を失ってしまった人達の支援もしたいと思っています。

ブランディング×プランニング×ワークライフバランス
まとめてご提案致します。

「ママ経営者のためのブランディングサポート」販促企画事務所ブランシュをこれから宜しくお願い致します。

お子様連れの打ち合せが可能な
神戸の販促企画事務所ブランシュの則枝美香でした。

販促企画事務所ブランシュ

□お問い合わせはこちらから
 
□プランニング料金・事例

□制作事例・料金

Pocket

The following two tabs change content below.
則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。
則枝 美香

最新記事 by 則枝 美香 (全て見る)

投稿者: 則枝 美香

則枝 美香
1978年7月21日生まれ。 学生時代より量販店にて接客業務や店頭販促物の制作に関わる。大阪芸術大学短期大学部を卒業後、量販店営業企画部、消費材ベンダー販売促進部を経て洋菓子メーカー企画部にてプランナー兼デザイナーを担当。 2010年販促企画事務所ブランシュを立ち上げる。 ブランディングで、これからの『あり方』を形にする見せ方と伝え方。 目標設定、行動計画を支援するコンサルティングと 店舗運営、スタッフ研修を行っている。 趣味はマラソン。最近の記録は神戸マラソン2017で4時間54分14秒。 社団法人日本販売士協会販売士。中小企業診断士講座修了。 日本酒ナビゲーター。酒類販売管理者。食品衛生管理者。